目元のたるみが気になるなら美容外科へ!|豊富な施術内容がある

様々なことが要因となる

カウンセリング

老けて見える大きな原因となるのが皮膚のたるみです。年を取るといろいろな部分の皮膚がたるんできますが、特にたるみやすいのが顔です。顔は紫外線をもろに浴びてしまう部分なので肌にダメージが加わりやすく、皮膚が老化しやすいのです。そのため、くっきりとしたほうれい線ができたり、目元や口元がたるんだりといった症状を引き起こします。中でも目元は特に皮膚が他の箇所と比べて薄いため、たるみができやすいと言われています。老けて見られないためにも、日頃からしっかりケアをしておくことが大切です。目元のたるみケアを行なうには、まず自身の症状がどのような状態になっているのかきちんと観察しておきましょう。そのためには、皮膚科や美容外科などを受診して肌の状態をチェックしてもらうといいです。専門クリニックで診察を受けることで、自分では分からない肌の問題や今後のケアの仕方などを医師から指導してもらえます。また、クリニックで行なっている治療を受けると、ひどいたるみの症状もしっかり改善してくれるので安心です。

目元のたるみを改善するには、まず何故たるみができるのか原因を知ることが大切です。たるみができるのは、大きく分けて三つの原因が挙げられます。一つ目は、肌の弾力機能が低下したことによるたるみです。ハリのある肌を保つためには、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が十分に補われていなければなりません。しかし、年齢と共にこれらの成分はどんどん減少していき、たるみを招く要因となるのです。二つ目は、筋力の低下によるたるみです。顔には表情を作るための筋肉が数多く存在します。これらの筋肉が加齢と共に衰えることによって皮膚を正常の位置に保てなくなり、たるみを生む結果となってしまうのです。三つ目は、皮下脂肪によってできるたるみです。年を重ねるごとに代謝機能が低下していき、顔についた皮下脂肪を支えることができなくなってしまいます。皮下脂肪の重みで皮膚がどんどん下に垂れ下がっていき、たるみの発生に繋がるというわけです。そのほかにも、肌の乾燥やストレス、喫煙、睡眠不足など様々なことが原因となって目元のたるみを引き起こします。症状の予防・悪化防止のためにも、常日頃から気をつけて生活しましょう。