目元のたるみが気になるなら美容外科へ!|豊富な施術内容がある

確実に症状を改善するなら

鏡を見る女性

目元のくまやたるみは、一度できるとなかなか治らないものです。症状がひどくなるとメイクをしても消せなくなってしまい、見た目の印象も悪くさせてしまうでしょう。老けて見られたり、外見の印象が悪く見られたりするのは誰だって嫌なものです。印象を良くして良好な人間関係を築くためにも、目元のたるみやくまはひどくなる前にケアしておくことが大切です。自分でできる対策としては、第一に「紫外線を浴びないこと」が挙げられます。紫外線を浴びると体内で活性酸素と呼ばれる物質が多く作られ、いい細胞や組織までも破壊してしまうのです。その結果、肌に有害な物質が生まれ、皮膚の老化を早めてしまうことになるのです。目元は皮膚が薄く、紫外線の影響を直接受けやすい部分ですから特に注意が必要です。外出するときは帽子を被ったり、日傘を差したりして紫外線対策をきちんと行なうようにしましょう。また、日頃から表情筋をよく使うように心がけることもたるみの予防に繋がります。表情筋を使うように意識することで筋力の低下を防ぐことができ、たるみができにくい肌を作ることができるのです。このような日頃のちょっとした心がけが目元のたるみを防ぐきっかけとなります。

目元のたるみやくまがひどくなってしまって自分では到底ケアできない、または確実に症状を改善したいという方は、専門クリニックに通って施術を受けるのがおすすめです。皮膚科や美容外科などのクリニックでは、目元のたるみやくまの改善に効果的な施術を豊富に取り扱っています。たるみの原因によって適切な施術法は異なりますが、主な施術の種類としては脱脂術やヒアルロン酸注入、脂肪注入などがあります。脱脂術は、脂肪によって目元がたるんでいる場合に最適な施術です。脂肪を取り除いてスッキリさせ、たるみを消してくれます。そのほか、ヒアルロン酸注入や脂肪注入は、成分を皮膚内に注射することで肌を持ち上げ、たるみやくまを改善する施術法です。ヒアルロン酸も脂肪も人の身体に元々備わっている成分ですから、トラブルを引き起こす可能性も低く、極めて安全性の高い施術だと言えます。加齢に伴う肌機能の低下が原因でできるたるみに最適です。